肌のために紫外線カット効果のある服装を

紫外線は肌の乾燥や、老化によくない影響を与えるため、紫外線カット済みの服を選ぶといいでしょう。家の外にちょっとだけ出かけるという人でも、紫外線カットクリームをつける習慣を身につけるようにしましょう。紫外線をカットする効果は、日やけ止めクリームごとに違っていますので、事前にリサーチしておきましょう。季節や日差しの強さ、または外出時間の長さなどの違いによっても、日焼け止めクリームを使い分ける必要があります。紫外線カットの効果が長続きするものもありますが、汗などで流れてしまう場合は、こまめに日焼け止めクリームを塗るようにします。目は紫外線によって影響を受けやすい部分ですが、日やけ止めクリームをつけるわけにはいきません。紫外線対策加工がしてあるサングラスがお勧めです。つばの広い帽子をかぶって頭上からの紫外線を遮ったり、紫外線を通さないサングラスを使うことで、目を紫外線からガードできます。何も遮るものがない状態では、目は紫外線の影響を受けやすくなります。あまり日光がまぶしく感じないという人でも、天気がいい日はサングラスをかけて目を守ることも重要になります。他にも紫外線カット効果のある帽子や衣服などを利用するのも良い方法です。特に日焼けなどで肌ダメージが強く出やすい場合は、できるだけ素肌を出さないようにしましょう。紫外線を直接お肌に浴びないように服装を工夫することも、紫外線から肌を守るために必要です。